UTI UML教育研究所
トップページ> 読み物> コラム> はじめるUML 第12回(最終回)
はじめるUML(全12回)
  はじめてみよう!
  モデル要素の整理整頓
  システム全体の構造(1)
  システム全体の構造(2)
  システム全体の構造(3)
  システム化対象の業務(1)
  システム化対象の業務(2)
  システムの動き(1)
  システムの動き(2)
  状態の移り変わり
  OCUPにチャレンジ!
  UML2.0総括(最終回)
続はじめるUML(全10回)
  使ってみよう!
  UMLによる業務分析
  営業職のOCUP受験体験記
  UMLによる要求分析
  インターメディエイト受験体験記
  UMLによるシステム分析
  アドバンスト受験体験記
  UMLによるシステム設計
  情報システム管理者が利用するUML
  続はじめるUML総括
使えるUML(全10回)
  使いこなしてみよう!
  物事を分けてとらえる
  コンポーネント図のいくつかの表現方法
  枠組みを使用してとらえる
  内容とその表現方法をわける
  パターンの表現
  続・パターンの表現
  モデルのモデル
  あいまいさを排除する
  「どのように(How)」から「何を(What)」へ
  大人のオブジェクト指向(最終回)
資格取得までのステップ
FAQ
教育コンテンツ
キャンペーン
ブックプラス
パートナープログラム
認定ユーザープログラム
メールマガジン登録
お問合わせ
はじめるUML 第12回
2006.2.1 掲載
UML2.0総括
一年間続けてきました「はじめるUML」も今回で最終回となりました。これまで、UML2.0の機能を中心にしてUMLを使ったモデリングについて解説してきました。単なるUMLの解説だけではなく、実際のツールでの使用例を採り上げて、始めての方にもわかりやすいように心がけました。

ここで、もう一度、UML2.0のダイヤグラムを見てみましょう。

構造 振る舞い
オブジェクト図
クラス図
コンポジット構造図
コンポーネント図
配置図
パッケージ図
ユースケース図
相互作用図
   シーケンス図
   コミュニケーション図
   タイミング図
   相互作用概要図
ステートマシン図
アクティビティ図

UMLには上記のようなダイヤグラムがありますが、ダイヤグラムを丸暗記するだけでは設計能力はつきません。習得には、具体的にダイヤグラムを書いてみることが一番の近道です。そして、手書きよりもツールを使った方がより効率的です。大学の講義でも、ツールを使うと2〜3日でUMLの大まかな使い方を覚えることができています。ダイヤグラム上で利用できる設計要素をメニューから選択するだけなので、どの要素が使えるのかを悩むことがありません。このように効率的にUMLダイヤグラムを数多く書くことが習得を早めます。その後には、先駆者たちが作成したよいUMLモデルをたくさん見ていくことです。そうすることで、自分自身でもよいモデルを設計できるようになります。

UMLが身に付いたと思ったら、それをどうやって確認するのでしょうか。それには、UMLの試験を受けてみることが最適です。前回の記事で解説しているように、OCUPを受験してみるのがよいと思います。そして、OCUPは自己確認だけではなく、社内の認定資格に指定している企業も多いので、とても役に立ちます。

UMLはオブジェクト指向設計の手法なので、JavaやC++などのプログラム言語の次に勉強する技術です。UML習得後は、開発プロセス、デザインパターン、アーキテクチャなどが必要です。これらの技術は次のような書籍でも学習できます。

「独習デザインパターン」
著:株式会社テクノロジックアート
監修:長瀬嘉秀
出版社:株式会社翔泳社
詳細は >> http://www.seshop.com/detail.asp?pid=4850
「エンタープライズアプリケーションアーキテクチャパターン」
著:Martin Fowler
訳:株式会社テクノロジックアート
監訳:長瀬嘉秀
出版社:株式会社翔泳社
原出版社:Addison Wesley
原著タイトル:Patterns of Enterprise Application Architecture
詳細は > http://www.seshop.com/detail.asp?pid=5885

そして、開発統合環境(IDE)として急成長しているEclipseも注目です。Eclipseを単なるプログラム開発としてだけではなく、UMLによる分析設計ツールして使うと、設計とプログラミングを行き来できるので、効率が良くなります。

最後になりましたが、UMLに関する情報を定期的に入手していくと、新しい技術に対応したUMLモデリングの手法の知識を得ることができるので有益です。

UMLツールパターンウィーバーについては、以下のURLに情報があります。
http://pw.tech-arts.co.jp/index.html
そして、モデルライブラリから手本になるUMLモデルをダウンロードして、見てみましょう。

それでは、長い間、この連載におつきあいいただきまして、誠にありがとうございました。


■筆者紹介
長瀬 嘉秀/Yoshihide Nagase
株式会社テクノロジックアート 代表取締役

パターンウィーバー(PatternWeaver) ver2.0

  • UML2.0 Superstructureの全てのダイアグラムに対応
  • Eclipse3.0にプラグインとして統合
  • 表現力の大幅な向上
  • 新規プラグインの追加

●商品に関するお問い合わせ
株式会社テクノロジックアート  
e-mail : pw@tech-arts.co.jp
http://pw.tech-arts.co.jp/pw/index.html