UTI UML教育研究所
トップページ> 読み物> コラム> はじめるUML 第1回
はじめるUML(全12回)
  はじめてみよう!
  モデル要素の整理整頓
  システム全体の構造(1)
  システム全体の構造(2)
  システム全体の構造(3)
  システム化対象の業務(1)
  システム化対象の業務(2)
  システムの動き(1)
  システムの動き(2)
  状態の移り変わり
  OCUPにチャレンジ!
  UML2.0総括(最終回)
続はじめるUML(全10回)
  使ってみよう!
  UMLによる業務分析
  営業職のOCUP受験体験記
  UMLによる要求分析
  インターメディエイト受験体験記
  UMLによるシステム分析
  アドバンスト受験体験記
  UMLによるシステム設計
  情報システム管理者が利用するUML
  続はじめるUML総括
使えるUML(全10回)
  使いこなしてみよう!
  物事を分けてとらえる
  コンポーネント図のいくつかの表現方法
  枠組みを使用してとらえる
  内容とその表現方法をわける
  パターンの表現
  続・パターンの表現
  モデルのモデル
  あいまいさを排除する
  「どのように(How)」から「何を(What)」へ
  大人のオブジェクト指向(最終回)
資格取得までのステップ
FAQ
教育コンテンツ
キャンペーン
ブックプラス
パートナープログラム
認定ユーザープログラム
メールマガジン登録
お問合わせ
はじめるUML 第1回
2005.3.1 掲載
はじめてみよう!
いよいよ待ちに待ったUML2.0が実際に使えるようになりました。今までは、書籍やWeb上での情報だけであったUMLの最新バージョンに対応したツールが発売されました。今回は、UML2.0対応のツールのひとつであるパターンウィーバー2.0を例にとって、UMLの最新機能を見ていきます。

UMLの学習は机上だけでは、なかなか具体的なイメージをつかむことはできません。それがツールを操作して、確認しながら勉強すると学習効果はとても向上します。それは、机上や単なるお絵かきソフトでUMLのダイヤグラムを書いただけだと、ダイヤグラムに必要なUMLの要素がわかりません。これに比べて、ツールを使うとUMLに必要な項目を入力することになるので、各ダイヤグラムで必要なことだけを効果的に覚えられます。

例えば、クラス図を書くときに必要な項目は、クラスを選択して、右クリックするとそこで使える機能がメニューとして出てきます。


この画面では、クラス間の関係の種類が一覧されています。UMLの関係にはどういうものがあるのかが一目でわかります。

それではこれからUML2.0を簡単に見ていきます。UMLは2.0にバージョンアップしたことによって、ダイヤグラムの名称が変更されました。

構造 振る舞い
オブジェクト図
クラス図
コンポジット構造図
コンポーネント図
配置図
パッケージ図
ユースケース図
相互作用図
   シーケンス図
   コミュニケーション図
   タイミング図
   相互作用概要図
ステートマシン図
アクティビティ図

大きく刷新されたのはコンポーネント図で、新たにタイミング図、コンポジット構造図、相互作用概要図が追加されました。また、シーケンス図とステートチャート図と呼ばれていたステートマシン図が機能強化されました。

特にコンポーネント図では、J2EEや.NETに対応できる表記になりました。インターフェースやポートといったコンポーネント設計に必要な要素が追加されています。そして、タイミング図とステートマシン図では、組み込みシステムに必要な機能が追加されました。これらのダイヤグラムを使えば、本格的な組み込みシステムの設計が可能です。

このように、UML1ではできなかったコンポーネントと組み込みシステムの設計ができるようになりました。今すぐ、UMLツールをダウンロードして、機能を確認してみてはいかがでしょうか。次回からはUML2.0の具体的な利用方法を見ていきます。


■筆者紹介
長瀬嘉秀/Yoshihide Nagase
株式会社テクノロジックアート 代表取締役社長

パターンウィーバー(PatternWeaver) ver2.0

  • UML2.0 Superstructureの全てのダイアグラムに対応
  • Eclipse3.0にプラグインとして統合
  • 表現力の大幅な向上
  • 新規プラグインの追加

●商品に関するお問い合わせ
株式会社テクノロジックアート
e-mail : pw@tech-arts.co.jp
http://pw.tech-arts.co.jp/pw/index.html