UTI UML教育研究所
トップページ> ブックプラス
領収書の発行について
キャンペーン
資格取得までのステップ
FAQ
教育コンテンツ
読み物
パートナープログラム
認定ユーザープログラム
メールマガジン登録
お問合わせ
書籍で学ぶなら、ブックプラス

ブックプラス

*受験バウチャー(チケット)と、対策書籍がセットでお得!*
*OMG認定資格の取得を目指すなら『ブックプラス』*

ITエンジニアに好評の書籍と、受験バウチャー(チケット)がセットでお得!
OCUPファンダメンタルからアドバンストまで対応した書籍や、さらに組込み系・リアルタイム系のための本格的な教科書まで揃えた充実のラインナップは、自己学習に最適です。

 ※受験バウチャー(チケット)1枚につき、書籍は3冊まで購入可能です。
 ※受験バウチャー(チケット)、書籍単体での販売は行っておりません。


■受験バウチャー(チケット)販売価格(税込)

受験バウチャー(チケット) 18,360円/枚

■販売書籍
品番 教材名 値引後価格(税込)
05 独習UML 第4版 ※OCUPインターメディエイト対応 3,348円/冊
09 UML 2 スタイルガイドブック 1,836円/冊
10 UML/MDAのためのオブジェクト制約言語OCL 2,808円/冊
14 組込みシステムのためのソフトウェアエンジニアリング ※OCRES対応 4,428円/冊

■受験バウチャー(チケット)有効期限
お申込み月より3ヶ月後の末日 

■支払方法
銀行振込 法人名義でのお申込の場合
  • 貴社宛に請求書を発行いたします。
  • 振込み手数料はお客様のご負担となります。
商品代引 個人でのお申込の場合
  • お支払いは現金のみの取扱いとなり、クレジットカードはご使用になれません。
  • 代引き手数料は無料です。
  • 領収書について
    商品代引きでお支払いをされる際に「ヤマト運輸コレクトサービス伝票複写領収書」 をお渡しいたします。 複写領収書の宛先は商品のお届け先となっておりますので、所属企業・団体を宛先とした領収書をご希望の場合、あるいは領収書を紛失した場合等には、「領収書の発行について」をご覧ください。

■販売対象の条件及び注意事項
  • 本キャンペーンにてご提供するバウチャーは、OCUP/OCRES/OCEB共通の受験チケットですので、 これらのどのレベルでも受験可能です。
    ※OCSMP日本語版の受験には、使用できませんのでご注意ください。
  • OCUPおよびOCRESインターメディエイト以降の上級レベルの認定には、OCUPファンダメンタルを認定されていることが必要です。
  • OCEBビジネスインターメディエイト以降の上級レベルの認定には、OCEBファンダメンタルを認定されていることが必要です。
  • 受験バウチャー(チケット)の有効期限は、お申込み月より3ヶ月後の末日となります。
  • 試験のご予約は、ご希望の試験日の3営業日前まで(土日祝日をご希望される場合は 4営業日前まで)の受付けとなっております。余裕を持って、お早めにご予約ください。 ※営業日:土日祝祭日を除く平日
  • いかなる理由でも、有効期限の延長やバウチャー(チケット))の払い戻しは致しかねます。
  • お申込み後のキャンセルは出来ません。なお、お申込み時に在庫切れの場合、商品の お届けまでに2週間程度かかる場合がございますので、ご了承ください。
  • 受験バウチャー(チケット)および書籍の価格は、予告なく変更する場合があります。


本キャンペーンは終了いたしました。

■書籍紹介

独習UML 第4版
著者 株式会社テクノロジックアート
長瀬 嘉秀、橋本 大輔 編集
出版社 翔泳社
独習UML 第4版UML(Unified Modeling Language)は、システムモデルの表記法です。
本書は、はじめてUMLを学習する人も、体系立ててしっかり学習したい人もUML2.0の基礎概念と実践的な適用方法を無理なく身につけられる構成になっています。UMLの基礎からオブジェクト指向の考え方、各種図形の描画方法、実務での活用方法に至るまで、初学者の観点から丁寧に解説しているため、途中でつまづくことなく学習できます。また、付録CD-ROMには、UML2.0で新規に追加されたコンポジット構造図やタイミング図、相互作用概要図などのダイアグラムに対応した「パターンウィーバー2.0 α版」を収録。学習成果を活かして図形を描写することができます。
UML 2 スタイルガイドブック
著者 スコット・W・アンブラー
監修・翻訳 落合 修、杉本 宣男
翻訳 永田 葉子、鈴木 克利
出版社 エスアイビー・アクセス
UML 2 スタイルガイドブック本書は効果的なUMLダイアラムを作成するための標準、規準、ガイドラインから構成されています。それらは、容易に理解ができ、作業が進められるようなダイアグラムを作成するための証明された正しい原理原則に基づいています。このように単純で簡潔なガイドラインを常に適用することは、モデラーの生産性を向上させる重要な第一歩になるでしょう。
UML/MDAのためのオブジェクト制約言語OCL
著者 ヨシュ・ヴァルメル、アーネク・クレッペ
翻訳 竹村 司
出版社 エスアイビー・アクセス
UML/MDAのためのオブジェクト制約言語OCLUML 2.0はオブジェクト制約言語OCLに重きを置いており、UMLの中でOCLは、オブジェクト指向モデルや他のオブジェクト指向アーティファクトにとって欠かすことのできない情報を追加する式を記述するための標準となっています。UMLとOCLを組み合わせて使うことによって、開発者は、MDAを用いて開発を行う上で欠かすことのできない、効果的で矛盾がない、首尾一貫したモデルを実現することができます。
組込みシステムのためのソフトウェアエンジニアリング
著者 Jim Cooling
監訳(訳者代表) 山本 哲也
出版社 株式会社アイテック
組込みシステムのためのソフトウェアエンジニアリング「組込みシステムのためのソフトウェアエンジニアリング(基礎編)」は、組込み系に必要なソフトウエア工学に関する世界的な名著であり、OMGの OCRES標準テキストにも採用されています。本書は、単に試験対策の本ではなく、組込み系、リアルタイム系のための本格的な教科書です。著者のジム・クーリング博士は、学術分野と実践分野の両方の経歴を持つ方で、数々の具体例を提示した後に、(まとめとして)より抽象的な論題に入る議論の進め方は、(本文中にちりばめられたジョークやユーモアも含めて)博士ならではのものです。世界的には、コンピュータ・サイエンスの学生から実務家まで、幅広く読まれており、手元にぜひ置きたい本です。

■お問い合わせ
株式会社UML教育研究所
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-9-2 ディーキューブビル4F
Tel: 03-5259-5311 Fax: 03-5259-5303